プロペシア ジェネリック

キノリンイエローが含まれていないエフペシア

エフペシアとは、脱毛症に効果があるプロペシアのジェネリック医薬品として有名なフィンペシアと基本的な成分が変わらず、主成分のフィナステリドの含有量も1mgと変わらないが、プロペシアにはふくまれているキノリンイエローが含まれていません。

 

 

キノリンイエローとは、発がん性があるといわれている物質で、日本や欧米で、食品に添加することが許されておらず、キノリンイエローが含まれているフィンペシアは推奨されておらず、プロペシアの代わりにフィナロが発売された。

 

 

また、エフペシアでは、フィナロの問題であった錠剤が大きいという問題が解決され、同じものが含まれており、効果が得られるエフペシアが推奨されている。

 

 

この商品はジェネリック医薬品であるが、昔は日本では抵抗感を持つ人が多かったが、最近ではCMの効果もあり、ジェネリック医薬品に抵抗が薄くなっている。

 

 

ジェネリック品であっても、含まれている有効成分の量は従来品と変わらないために効果が変わらないのも人気の理由の一つである。