エフペシア

AGA治療薬としてプロペシアの人気を超えたエフペシア

エフペシアとは、インドのシプラ社から発売されたジェネリックのAGA治療薬です。

 

 

AGA治療薬といえば、アメリカで開発されたプロペシアが有名です。

 

 

更に、プロペシアのジェネリック版としてフィンペシアが登場し、価格の安さでAGAの治療をされている方から注目されていました。

 

 

しかし、フィンペシアの問題点としてキノリンイエローという着色剤が使用されている事が、日本ではネックになっていました。

 

 

キノリンイエローは、発ガン性が疑われているタール色素で、日本では食品に添加する事は禁止されています。

 

 

かろうじて医薬品と化粧品に添加されるのは規制されていません。

 

 

キノリンイエローの人体に及ぼす影響についてはまだ詳しい検証はされていないため、フィンペシアが危険だと決め付ける証拠はありませんが、不安要素があるフィンペシアよりも、安心できるプロペシアを購入する方が多くなりました。

 

 

その問題点を改善したのが、エフペシアになります。

 

 

キノリンイエローを一切使用せず、値段はプロペシアよりも安いため、治療に時間のかかるAGAに悩む人たちに支持されるAGA治療薬となりました。

 

 

入っている成分もプロペシアと変わらないため、安心して使用できるAGA治療薬として認知されるようになりました。

 

エフペシア(F-pecia)AGA薄毛・発毛薬

同じ成分で値段が安いと、安全が疑われる場合が多いのですが、ジェネリックの日本での知名度が上がり、信用できる治療薬だと認められるようになったのです。

 

 

値段の安さと、キノリンイエローフリーであるという事で、エフペシアを取り扱っている個人輸入代行業者では、プロペシアを凌ぐ人気となっています。

 

 

AGA治療薬としての効果や入っている成分はプロペシアと同じなので、効果の度合いや副作用についてはプロペシアの臨床データを参考にされて問題ありません。

 

 

あくまでも同じ商品ではないので、実際に使用しないとあなた自身への効果は分かりませんので、間違いの無いようにお願いいたします。

 

 

エフペシアの購入については、個人輸入代行の通販を利用するのが便利です。

 

 

プロペシアも一緒に販売されていますので、値段を比較してみてください。

 

 

かなりお買い得な値段だということが、お分かりいただけると思います。

 

 

円安の影響により更に値段に開きが出てくることが予想されます。

 

 

自己の判断にお任せしますが、口コミサイトなどの使用者の感想なども参考にしながら、どのAGA治療薬を購入されるか、じっくりと検討し選択してください。

 

男性型脱毛症の改善ならエフペシアです。

男性の方が悩んでいる薄毛の原因は、もしかすると男性型脱毛症が原因かもしれません。

 

 

この男性型脱毛症は、AGAとも呼ばれています。

 

 

これは、男性ホルモンなどの影響により、抜け毛や薄毛、健やかな髪ではなくなってしまうのです。

 

 

これらの症状を改善するためには、正しい治療が必要となります。

 

 

以前までなら、このような男性型脱毛症は、遺伝などの症状のため、治療方法が確立されていませんでした。

 

 

しかし、現在ではAGA専門の治療医もおり、専門治療薬も開発されています。

 

 

そこで、男性型脱毛症に効果が期待できる改善薬がエフペシアです。

 

 

こちらは、男性型脱毛症の改善薬のプロペシアがありますが、こちらのジェネリック医薬品となっています。

 

 

ジェネリック医薬品となっているので、今までは正しい治療薬を用いて、改善したいと考えていても、プロペシアなどは高価な治療薬と言うことで、手が出なかった方にも、安心して使用することができると言えるでしょう。

 

 

もちろん、ジェネリック医薬品だからと言って、成分が違うということはありません。

 

 

成分も同じものとなっていて、フィナステリドを1mg含有しています。

 

プロペシアに比べるとかなりの激安価格!

まず、男性型脱毛症という症状は、男性ホルモンの影響が深く関わっていますが、この男性ホルモンを抑制しなくてはいけません。

 

 

そこで、注目されるのがフィナステリドです。

 

 

男性ホルモンの中には、ジビドロテストステロンというものがあり、これが薄毛や脱毛などの症状に繋がっています。

 

 

こちらの生成を抑制する成分が、フィナステリドです。

 

 

生成を抑制することによって、今まで悩んでいた薄毛などの悩みを元から改善してくれます。

 

 

内服薬となっていますから、誰にも気づかれずに男性型脱毛症の改善を行えるのも魅力的です。

 

 

薄毛対策などは、育毛剤といったアイテムを使うことが多いですが、これでは根本的な改善は行えません。

 

 

やはり、原因となっている男性ホルモンから見直し、抑制する効果があるエフペシアを用いることによって、悩みを根本から改善できるのです。

 

 

飲む育毛剤ということなので、無理なく負担なく改善していくことが可能となります。

 

 

改善薬ですから、正しく服用することが重要です。

 

 

自分の薄毛は、男性型脱毛症なのかという部分をしっかりと把握して、服用するようにして下さい。

 

 

男性の方で、薄毛や抜け毛で悩んでいるのなら、一人で悩み続けるよりも、このような改善薬や治療薬を用いることにより、悩みの原因とされる男性ホルモンから改善していくことができるでしょう。

 

プロペシアのジェネリック医薬品のエフペシア

エフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品です。

 

 

プロペシアといえば、男性ホルモンが大きく関わる男性型脱毛症に絶大な効果があると一躍話題となった医薬品です。

 

 

そのプロペシアに含まれている主成分がフィナステリドです。

 

 

日本でも臨床試験でその効果を実証しています。

 

 

そのプロペシアと同じフィナステリドが配合されているのがエフペシアというわけです。

 

 

プロペシアと比べてジェネリック医薬品である分、非常にお買い求めやすくなっています。

 

 

エフペシア・プロペシア共々、よくこれを育毛剤と紹介していることが多いですが、厳密にいえば違います。

 

 

そもそもが市販されているようなスプレータイプではなく経口薬であるため、多くの人々がイメージする育毛剤とは全く違うのです。

 

 

あくまで男性型脱毛症を予防するものであり、一度薄毛となったらこれで元通りにすることはできないため、育毛剤とは少しかけ離れています。

 

 

薄毛には別の医薬品や方法を利用するしかありません。

 

 

そのため、薄毛が気になり出したならすぐにでも服用していくことが肝心です。

 

安価に抜け毛薄毛対策ができる発毛薬

男性型脱毛症は早い人なら20代後半から症状が出始めてしまいます。

 

 

できることなら、その頃から髪の毛の抜け毛などをチェックしておいて、男性型脱毛症だと思ったのなら医療機関で診察してもらえばそうであるかどうかを確認することができます。

 

 

気になる副作用について、多くの人々は男性ホルモンに作用するため男性としての機能が維持できるのか心配していることが多いのです。

 

 

しかし、男性としての機能に関する男性ホルモンはテストステロンであり、エフペシアが関わる男性ホルモンはジヒドロテストステロンです。

 

 

そのため、男性機能が衰えてしまうという因果関係は薄いとされています。

 

 

男性機能に心配という人にも安心して利用することができます。

 

 

ただし、医薬品であるため、男性機能の維持以外に副作用があります。

 

 

頭痛やめまいなどの症状があるため、もしもエフペシアを服用して何らかの症状が出たときには医師に診察して盛ることが大切です。

 

 

基本的に1日1錠服用し続けることになります。

 

 

そうすることで脱毛症を予防することができるのです。

 

 

ただ、そうなると経済的な負担が大きくなります。

 

 

だからこそ、ここで述べている医薬品の存在が大きくなるのです。

 

 

先発医薬品でもあるプロペシアに比べると5分の1ほどの価格なので誰でも長期的に利用し続けることができるため、多くの人々に親しまれています。